ネットビジネスで動画を使うと成約率アップの理由




ネットビジネス界隈では、「動画をやれ、これからは動画が必要不可欠だ!」みたいな流れが多いですが、単純にそんな言葉に踊らされてYouTubeを始めてみても意味がありません。

しっかりと、「ビジネスをやる上でどうして動画が有効なのか?」を理解しておく必要があります。

 

ビジネスをやるということは、何かを販売するということ。

販売するものは、自分のコンテンツやアフィリエイト商品、コンサルやサービスなど様々ですね。

それを販売していくのにはどういうものが効果的でしょうか。

 

対面営業が一番成約率が高い

そりゃー対面営業、自分が直接お客さんに営業かけた方が成約率は高いです。

理由としては、

・直接顔を合わせられる

・自分の身なりから信用をもらいやすい

・頷きかたや表情から共感をもらいやすい

・自分の商品やサービスに対して、直接お客さんに想いや熱さを語れる

 

こういった顔と顔を直接合わせることで、お客さんは安心するし、自分の想いを伝えられるし、信用をもらいやすいですよね。

人柄が伝わり、商品の不安も拭え、お客さんは安心して「この人から買おう!」となるわけです。

ただ、こんな対面営業にもデメリットがあります。

 

対面営業のデメリット

一言で言うと、「超労働型」ということです。

・毎回人に会わなきゃいけない

・時間を取られる

・同じ話を何度もしなきゃいけない

・副業でやっているなら労働に労働を加えたようなもの

 

自分が営業かければ売上は上がるが、自分が一切営業をかけなければ売上ゼロ、の状態が考えられますね。

しかも、お客さんがネットの集客力で方々に沢山いるとしたら、一人一人会って営業かけるのは無理な話です。

これは僕も昔ネットワークビジネスをやっていた経験があるので分かりますが、とにかく時間効率が悪いんですね。

だからこそ、動画が活きるんです。

 

対面営業と同じクオリティで営業できるのが動画

例えば、あなたに好きな歌手やタレントがいて、その人の歌で感動する順位はどれですか?ということを考えてみてください。

・歌詞カードを見る

・CDを聞く

・DVDを見る

・ライブに行く

感動の度合いとしては、当たり前に「ライブに行く」方が感動しますよね。

 

これを紐解くと、

・歌詞カード→文字

・CD→音声

・DVD→音と映像

・ライブ→本人に直接会う

なので、感動の度合いは下へ行くほど強くなります。

 

これをビジネスで考えると、

・歌詞カードがブログ

・CDが音声収録

・DVDが動画

・ライブが対面営業

ということ。

お客さんに感動を与らえる(ビジネスで成約率が高いもの)はもちろんライブ(対面営業)ですが、ビジネスの観点から言えばそれは非効率と言いました。

だからこそ、

対面営業から感動の度合いが一番近いもの=動画

を使うということです。

 

高額商品であるほど、ブログでは売れない

考えてみて欲しいんですが、何十万円する高額商品を、たった1つのブログ記事を参考に買うことなないですよね。

高い商品であればあるほど、商品を触ってみたり、商品について営業マンに質問をしてみたり、もっと詳しく知りたいと情報を取ると思います。

そして納得するまで購入はしないはずです。

 

だからこそ、自分の商品やサービスが高ければ高いほと、ブログや記事から売れることはありません。

対面営業で売ることが一番ですが、それがビジネスの世界では非効率。

だからこそ、動画を活用することで、直接自分の言葉で語り、人柄や情報を沢山伝え、お客さんに安心感を与え、自分に信頼をしてもらってから購入してもらうことが可能なんですね。

 

販売するためのメディア戦略

 

動画を効率よく活用するためにいい方法があります。

それは動画と文字を組み合わせること。

 

例えば、1つのサービスや商品を紹介する時、

・ブログで内容を書いて動画で補足する、またその逆

・メルマガで何通かに渡り紹介し、動画で補足説明する

・動画をメインに発信し、ブログやメルマガで補足する

ということです。

 

文字と動画を組み合わせることで、お客さんにはより、その商品やサービスの価値が伝わるので成約率も上がってきます。

メディア戦略として活用してみてください。

なお、この記事の補足説明も、今の話の流れで動画で補足します。

こちらもご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です