アフィリエイトは辞めよう!オリジナルコンテンツの販売方法




脱アフィリエイト計画

今回は、脱アフィリエイト計画ということで、いつまでも他人の商品の紹介ばっかりやっているんじゃなくて、自分のオリジナル商品を売っていこうぜ!というお話をします。

ビジネス初心者は勿論なんですが、今アフィリエイトをやっている方や、興味を持っている方、もしくは、今後オリジナル商品を作ってみたいなぁという方に向けて、アフィリエイトのメリット・デメリットもしっかりお伝えした上で、どうやってオリジナル商品を作っていったら良いか?ということをお話ししていきます。

巷の情報では…

よく、ビジネスを始めた頃に目にするのが、アフィリエイトから始めましょう!という情報ですね。

これは、色んな情報発信者が話しているので、何となくそうなのかなぁと思っている方も多いと思うんですよ。

よく言われているのが、商品を作らなくて良いから簡単ですよ、とか、自分が使って良かったものを人に紹介するだけで報酬がもらえる、とか、スピーディにビジネスを始めやすいとか、今では成功者が、最初はアフィリエイトから取り組んだ、とか、とにかく、ネットビジネス=アフィリエイトと言っても良いんじゃないかってくらい、耳にしますよね。

アフィリエイトの基礎

じゃあここで、一度アフィリエイトをおさらいしてみましょう。アフィリエイトってそもそもどんなものなのか?

一言で言うと、企業が扱っている商品やサービスを、その企業の代わりにCMする人、宣伝する人の事をアフィリエイターと言います。

例えば、僕が今使っているアシックスのランニングシューズがあるんですけど、これをね、友達に、「俺さー、走り過ぎて膝痛めたんだけど、この靴に変えてから痛くなくなったんだよねー。ゲルっていうクッション素材が効いてるし、強度もあるから走りが安定するわー。超オススメ」とか言って、その後友達が同じ靴を買ったら、僕にその靴の販売代金の10%が入るみたいな。そんな仕組みがアフィリエイトなんですよ。

これを、ネットビジネスでは、メディアを使って商品を紹介するわけですね。

主にSNSやブログ、メルマガなどを使って情報発信をして、読者さんが商品を買ってくれたら広告主からお金をもらえるということですね。

これは本当に理想的なビジネスモデルで、3者全員が得をするんですよ。

例えば、さっきのランニングシューズの話で行けば、友達は僕のオススメで良い靴に出会って膝を痛めないでランニングが続けられるし、アシックスは何もしなくても僕がお客さんを1人連れてきて販売したから売上が上がったし、僕はアシックスから広告費としてお金をもらえるし、本当に全員が得をするんですよ。

だからアフィリエイターとしては、自分が使って本当に良かったものだけを人に勧める、口コミみたいなことが仕事になるってことですね。

口コミって、友達との会話でも普通にやるじゃないですか。

あそこの飯屋が美味いとか、あのラーメンは絶対食べた方がいいよとか、あのカフェの定員さんめっちゃ可愛いから行って来いとか、普通に言うじゃないですか、それでお金が発生するということですね。

で、アフィリエイトにもいくつか種類があるんですね。

オプトインアフィリエイトというのは、他人のメルマガを紹介して、紹介料をもらうやつですね。メルマガ登録だと基本的には無料で紹介できるんで、紹介料は安いです。数百円から高くても数千円ですね。

PPCアフィリエイトというのは、YahooとかGoogleにお金を払って、自分のサイトを検索上位に表示させるんですね。そこで集客したお客さんに対して商品を売って行くというやつです。

サイトアフィリエイトというのは、ブログやホームページを作って、その中に紹介する商品やサービスのURLを貼っておいて、そのリンクから売れたら報酬が支払われるというやつですね。

他にも、メルマガを使って何か商品を紹介すればメルマガアフィリエイトだし、ブログを使って紹介すればブログアフィリエイトと呼ばれます。

アフィリエイトの二面性

そんなアフィリエイトにも、メリットとデメリットがあります。

しっかりと二面性を理解しておきましょう。

まずメリットとしては、商品作成がいらないので初期投資もいらないです。

既存にある商品を紹介するだけですからね。

それから、物販みたいに、何か在庫を持つわけではないのでリスクもゼロですね。

さらに、ネット上のメディアさえ用意できて、売るものを決めたら、すぐにビジネスをスタートすることができます。

そして、情報商材は圧倒的に利益率が良いんですね。

例えば5万円の商品を販売して利益4万円とかも普通にあります。これは、商品作成に元手がかかっていないので、アフィリエイターに利益を沢山あげてもちゃんと作成者も儲かる仕組みになっているということですね。

じゃあデメリットは何かというと、販売する商品が無くなる可能性はあります。

これは作成者がアフィリエイト権限を渡さなくなった時点で紹介できなくなるので、アフィリエイター側からすると、急に売るものが消えるという状況もあり得ます。

それから、利益率の低さです。先ほど情報商材は利益率が高いと言いましたが、その値段というのは商品の作成者が決めているんですね。

商品の販売価格も、売った時の利益も決められているんですよ。だから、5万円の商品を売ってもアフィリエイターに1万しかあげませんということも出来るわけですね。

それに従うしかないと。

更に、紹介する商品は自分で使ってみて良いところ・悪いところを知っていないと人に勧められないので、一度は買って使ってみる必要がありますよね。

自分が紹介して買ってくれたお客さんから、その商品について問い合わせが来た時に、使っていないから分かりませんとは言えませんしね。

最後に、必ずしも100%の勢いで勧められる商品があるとは限らない、ということ。

例えば、ダイエット商材を売りたいと思った時に「運動もせずに、食事制限もせずに痩せられる方法」という情報商材を売りたいと思っても、そもそもそんなもの存在しなきゃ売れないですよね。

だから売るものを探す時は、既にこの世の中に販売されているものを売るしかないので、必ずしも自分が売りたいものがあるわけじゃないし、お客さんを100%満足させられる商品があるとは限らないということですね。

なので、ビジネス初期にアフィリエイトに取り組むのは良いんですが、ずーっとそれを継続的にやり続けること、アフィリエイトに頼り切るのは良くないですね。

TOMOのアフィリエイト実体験

じゃあここで僕の実体験をお話ししますね。僕も当初はアフィリエイトをやっていたんですが、その時の失敗談をお伝えします。

数年前に高額塾いわゆる(ビジネスコミュニティー)のアフィリエイトをやっていたことがあるんですよ。

これはね、期間無しで、一度入会したら一生面倒を見るというやつで、転売とかアフィリエイトとか、起業することに関して全般的に教えてくれる塾でした。

入会金が35万円で、僕が紹介して誰かが入ると僕に14万円が入るという仕組みだったんですね。

で僕も情報発信して、結構問い合わせが来て、何人かその塾に入ってもらったんですよ。で僕と同じようにその塾の人は情報発信をするから、どんどんそのコミュニティは大きくなって行くでしょ?

そしたらある日急に、「今後は情報発信して新しいメンバーを入れるのは辞めてください」という通知が来たんですよ。

どうやらメンバーが増え過ぎて、講師陣がサポート仕切れないからという理由と、トップが新しい事業に取り組みたいからそのコミュニティを仕切ることを辞めるからというのが理由だったんですね。

当時の僕からしたら、情報発信のネタはその塾を売ることだけだったから、いきなりもう売るな!と言われたわけですよ。

それまで一件売れば14万だったものが、一気にゼロ、売るものも無い、情報発信するネタも無くなったという状況になったわけですね。

で結局その塾はしばらくして解体しましたよ。本当にねぇもう何だったんだか。

それから、また別の件ですけど、メルマガを使って、ある情報商材を紹介していた時期がありました。

最初は14,000円の商品で、販売すると50%の7,000円が僕に入るやつだったんですね。

ところが、それもある日急に通知が来て、販売価格を半額の7,000円に下げると。

ということは僕の利益も半額の3,500円に下がるということになったんですよ。

こんなの作成者の勝手じゃないですか。急に利益を下げられても、アフィリエイターは泣く泣くその条件を飲むしか無いですよね。自分で商品を作れないから、売らせてもらっているわけですからね。

そんな経験があって、僕は気付いちゃったわけですよ。

結局はね、塾やコミュニティを販売するってことは、その塾の主催者の勝手で終わることもあるし、それで売るものが無くなるということもある。

更に、僕はその塾が儲かるために、集客のコマとして使われていたってことですよね。

主催者側からすれば、何もしなくても塾のメンバーが集客してどんどんメンバーが増えれば、儲かりますからね。

それって自分のビジネスとは呼べないですよね。

結局、他人の商品をアフィリエイトするってことは、僕の発信内容や人柄に共感して集まってきてくれたお客さんに対して、僕の商品じゃないものを販売するのってどうなのかな?と思っちゃったんですよ。

それだったら、自分で商品を作って、自分のお客さんに届けた方が、こんなトラブルもないし、僕もお客さんもお互い満足できるなと思ったわけですね。

そこからはアフィリエイトは一部だけに留めて、本当に自分が使って良かったもの・信頼出来る人の商品だけに絞って、その他は自分の商品を作るようにしていきました。

オリジナル商品の二面性

じゃあそんなオリジナル商品の二面性を確認しておきましょう。

メリットとデメリットを把握ですね。まぁあんまりデメリットはないですけどねー。

まず、アフィリエイトと違って利益率は非常に高いです。というかほぼ100%利益です。5万円で商品を販売したら、5万円まるまる利益です。

なぜなら、情報商材やコンテンツ販売であれば、ネット上のメディアを使って商品を作成するんで、元手があまり必要ないからですね。

まぁ商品の特性によっては、ワードプレスやメルマガなど、一部資金が必要なものもありますが、それでも月に1万円もかかるものではないです。

もっと言うと、商品の値段だって自分で決められるわけです。

20万円で販売してまるまる20万円の利益にしたって良いわけだし、売りやすい価格として3万円で販売したって良いわけですね。そこは商品にしっかりと価値があれば売れるわけだし、販売までに商品の価値をしっかりとお客さんに伝える必要はありますけどね。

次に、商品が無くならないということ。

先ほどのアフィリエイトの話みたいに、作成者によって商品が消されることもないし、自分が販売を辞めなければ、ずーっとその商品で売上を作ることが出来ます。

次に、お客さんに合わせて商品を作ることが出来るということですね。

これは本当に大きくて、アフィリエイトだと、売りたいものが見つからない可能性があるという話をしましたけど、自分の商品だったら、作れば良い話ですからね。

更に、お客さんとコミュニケーション取る機会があれば、よりそのお客さん達が悩んでいる事・困っていることに特化した商品を作ることも出来るんですよね。

例えば、「自動収益化の仕組み」という商品を販売するとして、お客さんが本当に困っているのがステップメールの内容だったと分かったら、コンテンツの中身をステップメールの項目だけボリュームを多めにして作成すれば、買ったお客さんの満足度も上がりますからね。

流石に一人一人のお客さんの要望を聞くわけにはいかないですけど、沢山のニーズに合わせた商品作りは可能なんですね。

最後に、商品を複数持てるということです。

まぁこれはフロントエンド・バックエンドという考え方もあるんですけど、例えば、最初にブログに特化した商品を格安で販売したとして、次にメルマガに特化した商品を販売すると。じゃあ次は動画作成・編集やコピーライティングに特化した商品を販売してみようかなぁとか、どんどん自分で商品を生み出して、売れる数を増やしていけるということですね。

これはアフィリエイトをやっているとなかなか難しいですからね。そういう風に自分の意図で商品を構成することが出来ないんで。

じゃあデメリットを見てみましょう。

僕はあまりデメリットに感じませんけどね。その後のリターンの方が圧倒的に大きいので。

まず、オリジナル商品作成にあたっては多少お金がかかります。

商品特性にもよりますけど、情報商材であれば、コンテンツを作るためのワードプレスの費用だったり、コンテンツ自体を作成してくれる有料のサイトもあります。

あとは、仕組みを作るのであればステップメールに数千円お金が必要ですし、LPをちゃんとしたものを作ろうとしたら多少お金はかかります。

と言っても、トータルで本当1万円いくかいかないかくらいなので、商品が1つでも売れたら全然元は取れるくらいです。

あとは、こう言ったものを1から自分で作っていくことになるので、そりゃー時間はかかります。

ブログもステップメールも商品作成も初めから作るとなれば、早くても数ヶ月、半年はかかってようやくスタートという感じでしょうね。

で、次はちょっとハードルが高いんですが、「適正な情報収集とアウトプット力」「自分への信頼度(ファン化)」ということですね。

他人の商品を扱わないということは、商品の力を借りて売れないということですよ。

自分の発信内容に共感してくれた人が自分のファンになって、更に信頼してもらって、自分の商品を欲しいと思ってもらえる状態にして行かなきゃいけない。

全ては自分次第になってくる、これは結構難しいですよ。というより、ここがビジネスをしていて本当に楽しいところでもあるんですけどね。

自分を知ってもらうこと・自分の発信内容に共感してもらうために、どんな情報を集めて、それをどうやってアウトプットすればお客さんがファンになってくれるか?そういうこと常にを考えて情報発信していく、これがビジネスの本質なんですよ。

だからこそ、長い目が必要なんですね。

すぐに収益を上げたいとか、今月稼がなかったら死ぬという人にはオススメできないですけど、僕は、ちゃんとビジネスに取り組みたいのなら、最初から時間をかけてビジネスを学んで、それと同時に商品作成をして行った方がいいと思いますね。

オリジナル商品の例

じゃあ、そうは言っても商品作成ってどうやるの?どうやって自分のコンテンツを作っていったらいいか?ということをお話しします。

今回はなるべくお金をかけずに、ネット上のプラットフォームを借りてできる方法をご紹介しますね。

まずは、扱う商品が何かのノウハウ系ややり方と言った、文字に興せるものであれば、PDFにまとめて販売してもいいし、noteというサイトを使って販売していくこともできますよね。

それから、ココナラを使って何かのスキルを販売する。

ライティングを始めとして、人より少し優れているものを自分の商品としてココナラ上で販売していくこともできますよね。

あとは、文字におこしにくいもの、例えば料理系だったり筋トレ系だったり、動画の方がお客さんの理解が深まるものについては、YouTubeを作成してそれを限定公開にして買ってくれた方に対してだけ公開して行くこともできます。

最後にコンサル系ですね。

自分が直接何かを対面で教えることが商品の場合。

例えばコーチングだったり、占いやスピリチュアル系だったり、人に何かをアドバイスするのが商品の場合は、スカイプやズームを使えばそれでもしっかりとした商品になります。

一番楽なのは僕もやっているんですが、会員制のサイトを作っちゃうことですね。

その中に文字も動画もスカイプ相談も全て入れたサイトを作ってしまえば、そのサイトだけで全てが済んじゃうようになりますからね。

しかも、noteやココナラみたいにネット上のプラットフォームにさえ依存しないで販売して行くことも最終的には出来ます。

このように、自分の商品を作るということは、結局は自分が商品になって行くような側面もあるんで、これまでの知識とか経験、自分が持っている情報やノウハウが、お客さんに価値があると思われて売れて行くということなんで、しっかりとビジネスの本質を学んで、金儲けとか楽して稼ぐとかじゃなくて、どうやったら本当に価値提供が出来るか?という観点で、オリジナル商品を作って行くことをお勧めします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です