ブックメーカー利確キャッシュアウトするサッカーの手法




ブックメーカーにおいて、資金を増やしていくコツは

「資金を減らさないこと。」

…って当たり前ですよね笑

 

でも、意外にこれが出来ていない人が多いんです。

勝つことばかりに注目して、負けないことに意識がいかない人がいます。

 

実は、ブックメーカーは、勝った時の利益よりも負けた時の損失が大きいという性質があります。

そのため、コツコツと積み上げてきた利益を、一回の負けでマイナスにしてしまうという結果になるんですね。

 

そんな時に使うのが「キャッシュアウト機能」

キャッシュアウトというのは、自分が賭けた試合が負けそうになった時に、その賭けを降りることができる機能です。

これを使えば、上手いタイミングで降りれば資金を100%戻すことが出来ますし、悪くても半分〜80%は戻すことが出来ます。

 

要するに、「勝とう勝とう。」という意識でやるのではなく、「負けないように、負けたとしても損失しないように。」という意識で取り組むことが必要なんですね。

 

さらに、このキャッシュアウトを上手く使えば、賭けた試合を最後まで見なくても、利益が上がったタイミングで賭けを降りることが出来ます。

これにより時短になるし、確実に利益を取った上で賭けを降りれるので安心ですよね。

 

今回は、僕が実際にブックメーカーのサッカーで利益が確定した上でキャッシュアウトした手法をお見せします。

あえて普段より高いオッズと早めの時間に入り、結果的にいつもより利益も取れた事例です。

記事で書くよりも実際に動画でご覧になった方が分かりやすいと思います。

 

どうでしたか?

試合終了まで見ていると、ロスタイムに点数が入ったり、アクシデントが起こったりして試合が荒れる傾向もあります。

そんな時に、利益が大きく確定した瞬間にキャッシュアウトし、賭けを降りて試合を終えてしまうのがいいですね。

特にサッカーのアンダー手法を使っている人には有効だと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です