ベラジョンは詐欺!オンラインカジノアフィリは絶対ダメ。

 

オンラインカジノアフィリエイトって知ってますか?

ベラジョンという海外のカジノサイトを利用してアフィリエイトしていく手法です。

 

数年前に流行っていて、現在は収束したかと思っていたんですが、まだ活動しているコミュニティーがあったんですよ。

 

まぁこれが本当に怪しいもので。

ビジネスの観点から言ったら完全に上手くいくわけないです。

 

今回は友達が危うく引っかかりそうになり、全力で止めた経緯があるので、その内容についてお話しします。

 

ベラジョンアフィリ(ゲーミングアフィリエイト)の実態とは?

 

まず最初に、ベラジョンというサイトを使ってオンラインカジノをやること自体は個人の自由なので、別にそれは詐欺にはあたりません。

負けようが勝とうが個人の責任ですからね。

 

あくまでもそれを広めようと(アフィリエイト)する手法が間違っているということなんですね。

今回、友達がこのゲーミングアフィリエイトのコミュニティーの説明会に行ってきた内容を聞きました。

入会金が15万円

7万円のコースもあるらしいですが、基本は15万円のプラチナ会員を勧められたそうです。

このプラチナ会員になると、アフィリエイト権限(代理店契約)がもらえ、このコミュニティーの販売権利がもらえるそうです。

自分が友達をこのコミュニティーに誘い、入会してもらえば15万円のうち何%かが自分に入るというものです。

 

オンラインカジノを実際にやりながら友達にもやってもらう

入ったらまず、自分がベラジョンをスマホにダウンロードし、実際にゲームをやります。

もちろんギャンブルなんで、資金が増えるか減るかは分かりません。

まぁ基本的にギャンブルなので増えることは無いでしょうけどね…

 

次に紹介して入ってもらった友達にもゲームをやってもらいます。

おそらく友達も負けるでしょう(笑)

実はここに意味があって、後から効いてくるんです・・・

 

9段先まで紹介していく

上記の流れを自分から始まって、ひとまず9人まで紹介していってグループを作ります。

自分を含めて10人のグループが構築されます。

 

自分から始まった9人がオンラインカジノをやり、勝ち負けを繰り返しますよね。

なんと、その負けた人の金額が自分に入ってくるらしんですよ!!

 

なんですかこれ・・・

 

報酬の仕組み

結局は、自分の紹介で入会した友達が払った入会金の一部と、その友達がオンラインカジノをやって損失を出した金額が自分に入ってくるという仕組みです。

これってどうですか!?

 

人の不幸を利用してお金を稼ぐという実態

 

結局は、自分が紹介した友達が損をしたお金を受け取っているんです。

これで「不労所得だ」とか、「自由な生活だ」などと謳っているのは本当におかしいですよね。

 

しかも高額な入会金を積み重ねていくネズミ講式の仕組みです。

ネズミ講というのは、実際の商品が介在しないものです。

オンラインカジノというのは、アプリやネット上のサイトであり、実際に手元に残る商品ではないわけです。

※ちなみにネットワークビジネスはネズミ講ではないですよ。ちゃんと手元に商品が届きますので。

 

しかも、再現性の低いギャンブルという特性上、誘った友達はオンラインカジノで稼ぐことは無理でしょう。

なので、入会金のバック欲しさに、さらに自分から先の9人を探していく方式です。

 

これをアフィリエイトだというのは、ちゃんちゃらおかしいですよね。

コミュニティーの説明会では、「スマホ一台で稼ぐ」「スマホアフィリエイト」「スマホ一台で自由な暮らし」「ゲームを紹介するだけ」という謳い文句で説明があったらしいです。

 

こんなのはアフィリエイトでもないです。

そもそもアフィリエイトというのは、良いものを紹介することです。

他人が不幸になるものはアフィリエイトと呼べません。

 

結局は入会金を積み上げるために、各種SNSで自由な暮らしをアピールし、連絡をしてきた人に対して甘い言葉をささやき、説明会に参加させるという手法ですね。

 

ビジネスの観点から見れば一発で見破れるもの

 

こんな内容のものは、普通ビジネスを少しでも学べば一発で見破れるものです。

友達はあまりこういう知識が無かったので、スマホ一台でお金が稼げるならという思いで説明会に行ってしまいましたが。(もちろん説得して止めました)

 

実際の説明会の会場には30人ほど参加者がいて、その場で15万円を払ってビジネスに参加すると宣言した人も3人ほどいたようです。

 

 

まず、ビジネスの観点からおかしいものとしては、

 

1、入会金を払った後、やることがお金を失うゲームということ。

 

普通、塾やコミュニティーでは、入った当事者が稼げるものを実践します。

ちゃんと利益を出せるものですよね。

 

ベラジョンアフィリでは、再現性の無いギャンブルをやります。

あきらかに負けてお金を失う方向へ行きますよね。

 

2、負けたお金を上が吸い取ること

 

紹介した友達が負けたお金を受け取るビジネスモデルはNGでしょう。

そんなものを他人に自信持って勧められますか?

 

3、自由な生活、スマホ一台で暮らせるという実態のないもの

 

セミナーで登壇している人、先行利益を得た一部の人間だけが甘い言葉で情報発信しています。

後から入った人は、結局上の人にお金を差し出しているだけです。

こんな情報発信をして継続的にビジネスが成り立つはずはありません。

 

自信を持ってビジネスのことを伝えられますか?

 

例えば、今回のビジネスについて、人に紹介することを考えてみましょう。

 

表面上は、「スマホで稼ぐ」「ゲームを紹介するだけ」「アフィリエイト」でしょうが、

 

実態は、「俺が紹介する仕事は、友達にオンラインカジノをやってもらって、その友達が負けたお金が入ってくるんだー。しかもお前の入会金の一部ももらえるんだぜー。これで自由な生活目指そうぜ!」

ですよ(笑)

 

客観的に見ても人に言えませんよね。

 

 

そもそも、ビジネスとは価値提供です。

相手に得をしてもらい、「ありがとう」の言葉の対価としてお金を受け取るものです。

 

決して他人が不幸になったお金をもらうものではありません。

 

いまだにこんなコミュニティーが活動しているのもビックリですが、それに引っ掛かる人もいるのが現状です。

そうならないためには、しっかりとした知識を付けること。

その知識を付けるために色々な経験を積むことをオススメします。

 

僕も過去に、怪しい商材や甘い言葉の詐欺商品で痛い目にあったことがあります。

そういった失敗から学び、自分で見分けられる目を作れたということもあります。

 

現在は情報社会。

良い情報も悪い情報も溢れています。

その中からどうやって良いものを見つけるかは、自分の力量次第になります。

 

良いものに沢山触れて、良い情報の質を取れる人間になりましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です