ブックメーカー投資の夢のある話。初心者が目指すべき月利

 

ブックメーカー投資初心者は闇雲に賭けても結果は出せません。

今回は、初心者が目指すべき月利と、その月利を取り続けていった先の

「夢のある話」をしようと思います。

 

ブックメーカー初心者は1万円スタートで月利60%を目指そう

 

投資なので、元手が大きければもちろん利益も大きくなります。

ですが、ブックメーカーに限らず、投資初心者が勝つか負けるか分からない投資にいきなり10万円や30万円を突っ込めるかというと、恐らく難しいですよね?

マネープレッシャーがありますから。

なので、いきなり大きい金額をぶっこむのはオススメしません。

 

僕の元でブックメーカーを始める人に必ず言うのは、

 

・元金1万円でスタート

・月利60%目標

 

とうことです。

 

元金が1万円であれば、万が一全損しても痛くないわけです(笑)

まぁブックメーカーで全損するということはキャッシュアウト機能があるのであり得ないわけですが…。

万が一損をしても、普通の会社員なら飲み会2,3回分です。

そういう痛くも痒くもない金額で始めるのが良いんですね。

 

それと月利60%はどうしてかというと、単純に目指しやすい月利だからです。

ブックメーカーは、普通にやっていれば、月利100%や200%は難しくありません。

 

実際に僕は、ブックメーカーを始めた3年前の当時、始めて11日間で

5万円→12万円(月利120%)

まで行きました。

もちろんビギナーズラックも込みですよ(笑)

 

でも、初心者がブックメーカーの扱いに慣れない状態で初めて、キャッシュアウトのタイミングも上手くつかめないままやり続けたら連勝で終わるということは考えにくいです。

なので、勝ち負けを含めて、月間のトータルで60%で着地することを想定しています。

 

ただですよ。

この1万円スタートで、月利60%をコツコツ取り続けれると、数ヶ月後には物凄いことになるんです!!

 

ブックメーカーには夢がある

 

下の画像を見てください。

これは、元金1万円でスタートし、月利60%を取り続けていった先の、各月毎の資金の増え方です。

 

12ヶ月後には、なんと

2,812,750円

まで大きくなるんです!

 

もちろんこれは理論上の計算です。

恐らく200万円に達するまでに、ほとんどの人は引き出して現金化すると思います。

ただ、それだけ資金が増える可能性があるということなんです。

 

たった1万円のスタートで、目指しやすい月利60%を取るだけでですよ?

夢がありませんか?

 

ブックメーカーは複利で運用する

 

さっきの写真のような資金の増え方をするには、

「複利運用する」

ということが必要です。

 

複利というのは、投資を始めて利益が上がってきたら、その利益を次の元金に充てるというものです。

 

例えば、1万円スタートで月利60%出たとすると、月末には16,000円になります。

じゃあ2ヶ月目はその16,000円を元金にスタートして、また月利60%を取ります。そうすると月末には16,000円が25,600円になりますよね。

これを1年間繰り返していった結果が、2,812,750円という金額になるんです。

 

一方、単利という考え方もあります。

単利は、1万円スタートで利益が出ても、次の月も1万円からスタートするというもの。

もちろんこれでも良いのですが、せっかくブックメーカーをやるなら、複利を使って少ない元金から短い期間で莫大な利益を取っていくことが面白さなんですね。

 

ブックメーカーで月利60%取るにはどうしたら良いか?

 

ブックメーカーで月利60%を取ることは非常に簡単です。

1日1試合、オッズ1.040に賭けて1回勝てば良いんです。

 

オッズ1.040ということは、ここに1万円を投資して勝てば10,400円になって返ってきます。

つまり、4%の利益が取れたということですよね。

これを月に15回やればいいわけです。

 

4%×15回=月利60%です。

 

え?たった15回?と思いますよね。

はい。それでいいんです。

 

1ヶ月30日あったとして、2日に1回のbetでいいんです。

毎日やる必要もありません。

もちろん試合精査をして良い試合がなければbetしない日もあるでしょうし、たまたま良い試合が重なって1日に3試合betすることもあるでしょう。

 

でも、月間では、たった15試合で良いです。

 

ブックメーカーは沢山試合があります。

もちろん、沢山賭けて沢山勝てば利益も増えていきます。

でも、初心者が勝ち進んでいくと、マインドが崩れるんですよ。

「俺ここまで順調だし、次の試合もいっとくか!」とか

「ちょっと怪しい試合だけどいけるだろう。」と思ってしまって、普段なら慎重になって賭けない試合にもチャレンジしてしまいます。

その結果負けるなんてことも当たり前に出てくるんですよ。

 

だから、月利60%は簡単ですが、その月に月利60%を達成したら、もうその月はブックメーカーをやらないくらいのマインドを持つことが必要です。

 

勝ちやすいbet項目は何か?

 

月利60%を目指すのに、沢山の試合の中でもサッカーをオススメします。

例えば、このAlternative Match Goalsという項目。

これは、両チームの合計得点が試合終了までに何点以上か何点以下かを予想する項目です。

 

オッズ1.040はUnderの6.5という項目ですよね?

これは、試合終了までに両チームの合計得点が、6.5点以下、つまり2-4とか、6-0とか、両チームの得点を合わせて7点入っていなければ取れる項目なんです。

 

前半45分が終わって2-0です。

あと残り45分で5点以上入るとは考えにくいですよね?

 

サッカーは基本的に点数が入りにくいゲームです。

よっぽどのことがない限り、7点以上入って試合が荒れるとは考えにくいじゃないですか。

ましてや前半は終わっている。

残り時間を考えても、後半だけで5点が入り乱れることは予想しにくいですよね。

 

要するに、オッズ1.040というのは、取りやすいんですよ。

明らかに分かりやすくて勝ちやすい状況が1.040というオッズなんです。

 

だからこそ勝ちを重ねていきやすいんですね。

こういう項目を利用して、オッズ1.040を月にたった15回やるだけなら簡単だと思いませんか?

 

そして、その簡単な作業の繰り返しでも、1年という短い期間繰り返していけば莫大な資金を産んでくれるのがブックメーカー投資の良さなんです。

これがもし元手50,000円だったらもっと凄い事になるのは想像つきますよね?

 

宝くじのような、当たるか当たらないか分からないギャンブルに数万円使うのであれば、コツコツ堅い投資のブックメーカーに数万円入れた方が、明らかに夢があります。

年末ジャンボに目を奪われずに、どんどんブックメーカーをやっていきましょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です