ブックメーカーの税金に関して

 

ブックメーカーで稼いだお金って税金を払うの?

利益が出た時の税金に関しても理解しておきましょう。

 

投資で稼いだお金も一時所得となる

 

世の中にはギャンブルや投資などが沢山あります。

こういったもので稼いだお金に関しては税金がかかります。

日本の所得税法では、ギャンブルで得た収入も一時所得とされるからです。

 

唯一、国内では宝くじやtotoでは非課税です。

すまり税金はかかりません。

でも、これは特例なんですね。

 

特例以外の収入、例えば、競馬・競輪・競艇・オートレース・海外カジノやオンラインカジノで得た利益も一時所得とされます。

こういった一時所得には税金が課されます。

 

ブックメーカーも課税の対象

 

ということで、結論から言えば、ブックメーカーで得た利益に関しても税金を払う必要があります。

1月1日から12月31日までの利益に対して、翌年の2月16日から3月15日までに確定申告が必要になります。

この申告を怠ると、延滞税や無申告加算税の対象となってしまうので気をつけましょう。

 

もちろん、株式投資で得た利益にも同じことが言えます。

 

税金はどれくらい取られるの?

 

それでは、税金はどのくらい取られるのでしょう?

日本の所得税法では、一時所得には最高50万円の特別控除があり、年間利益が50万円以下であれば課税されません。

つまり、50万円を超えて利益があった場合に税金がかかることになります。

 

例えば、ブックメーカー投資で元本20万円から初めて、結果的に50万円まで作れたとすると、利益は30万円。

つまり50万円以下なので税金はかからず、申告は不要になります。

 

しかし、元本20万円が100万円まで増えた場合は、利益が80万円、つまり50万円を超えているので確定申告をして税金を納める必要があります。

 

この場合の税金の計算式は以下の通りです。

 

・(利益−必要経費)−特別控除=一時所得の額

・一時所得の額×1/2=課税所得

 

となります。

これだけ見ても全くわかりませんよね?(笑)

 

これに数字を入れてみます。

(利益100万円−元本20万円)−特別控除50万円=30万円(一時所得額)

30万円×1/2=15万円(課税所得)

 

この15万円に例えば税率10%だった場合は、

15万円×10%=1,5万円。

1,5万円の税金がかかるということですね。

 

所得の種類や計算方法については、別の見解もあるので、実際には細部が異なる可能性があります。

なので、確定申告をする際は、きちんと税務署か税理士に相談することをオススメします。

 

とにかく、ブックメーカー投資で稼いだ利益に関しては税金はかかります。

確定申告が必要だということをお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です