ブックメーカーで勝率を上げる試合の選び方

 

テニスはメジャーなツアーが終わりオフシーズンに入りましたね。

この時期はテニスでブックメーカー投資をする人にとっては暇な時です。

なので、この機会に今期のテニスの成績を振り返って、来年への対策を考えたいですね。

 

今日は、来年に向けて、今考えておくべきこと・準備しておくことを踏まえて、テニスの試合で勝率を上げるためのコツをお話しします。

 

勝率を上げるには?

 

ブックメーカー投資でテニスに賭けて資金を増やしていく場合は、むやみやたらに試合数をこなせばいいというものでは無いです。

しっかりとした試合精査はもちろんですが、そもそも対象となる大会を決めるということも大切です。

 

下部組織の大会は避ける

 

テニスのツアーには、ATP、ITF、challengerなど、沢山の試合があります。

この中では、ITFやChallengerの試合は避けましょう。

なぜかというと、主にランキング下位の選手が出場する試合だからです。

シングルランキングでいうと500位とか1000位とかのクラスです。

 

下位同士の選手の試合というのは荒れる傾向にあります。

サーブが入らなかったり、ブレイク合戦になったり、第一セットと第二セットで戦況が大きく変わったり。

こうなると試合が読めません。

読めなければ、もちろん投資作業としても負けが増えるということです。

 

基本的に、テニスで勝つコツというのは、ランキング上位の選手が、下位の選手に対して無難に勝ち進めることを前提に賭けていく必要があります。

これが堅い試合ということです。

もちろん大方の予想通りに上位選手が勝つ方にbetするのでオッズはあまり高くありませんが、この確実な勝利を積み重ねていくことが、ブックメーカーで大きく稼ぐ秘訣なんですよね。

 

ATP tourの中でも、特に4大大会(グランドスラム)はオススメです!

 

グランドスラムとは?

・全豪オープン(1月後半から)

・全仏オープン(5月上旬から)

・全英オープン ウインブルドン(6月後半から)

・全米オープン(8月後半から)

 

この4大大会のことをグランドスラムと言います。

この大会では、ランキング上位選手はほとんど出場します。

なので、上位選手に賭けやすく勝ちやすくなります。

 

個人的には、単純に中継を見ていて非常に盛り上がる大会なので面白いと思っているんですけどね。

 

コートの種類がハードとか芝生だとか、3セットマッチ・5セットマッチなど、大会によって違いはあります。

さらに、コートの違いによって、ビックサーバーが有利になるとか、ストロークが得意な選手が有利になるとか、様々な意見はありますが、まずはそこまで考えなくても大丈夫です。

 

とにかくこの大会に出場する選手達は世界のトップランカーです。

ランキング格差がある試合を見つけやすいし、格差がある方が試合が読めるんですね。

 

こういった分かりやすい試合で勝ちを重ねることが初心者にはいいでしょう。

 

今の時期に準備すること

 

今のオフシーズンにぜひやってもらいたいことがあります。

来年の全豪オープンに向けてです。

 

ブックメーカーの操作に慣れる

初心者の方や、まだあまりbetしたことない人は、今のうちにbet365の操作に慣れておきましょう。

 

いざ本番で賭けるタイミングになった時に、

「あれ?賭ける項目はどこだ??」

「キャッシュアウトってどのボタンだっけ?」

なんて言っているうちに賭けるタイミングを失ったり、キャッシュアウト出来ずに資金を溶かしてしまうことは絶対にやってはいけません。

 

こういう人為的ミスでお金を失うのは絶対に避けたいですね。

 

練習ベットをする(負けを経験する)

1試合に絶好のチャンスという機会はそんなにありません。

そのチャンスの時にしっかりと投資作業が出来るように、まずは操作に慣れることは必須です。

 

それと同時に、

テニスで自分が賭ける項目を決めておく(絞っておく)ことや、キャシュアウトする基準を決めておくことも必要です。

・どのタイミングになったら賭けを降りるのか

・どういうパターンが負けに繋がりやすいのか

・勝ちパターンを自分で作る

 

こういうことは、大きな金額を賭けていては出来ません。

1ドルとか5ドルとか、負けても痛くない金額を使って練習ベットをして欲しいですね。

そして、負けを経験して欲しいんです。

 

負けた時こそ、勉強できます。

1ドルなら「まぁ100円くらいだからいいか。」となりますが、

それが1万円や5万円だったらそうはいきませんよね?

 

1ドル賭けた時に1万円賭けたと頭の中で置き換えて、緊張感を持って実戦をイメージしながらやる必要があります。

 

この負けは仕方ない負けか?

自分の判断ミスか?

試合精査が間違っていたのか?

 

こういう経験値を少額を使って蓄積して、勉強と経験とデータを集める期間にしておくと良いでしょう。

 

サッカーで稼いでいく

テニスがオフシーズンであれば、サッカーで投資作業を行うのが良いですね。

ブックメーカーは年中楽しめる娯楽です。

テニスの試合が多いときはサッカーの試合は少ないですし、サッカーの試合が多い時はテニスの試合が少ないです。

一年を通して、ブックメーカーで稼ぐには、テニスとサッカーの両方を効率よく利用するのが良いですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です