情報発信で稼ぐ最短方法=ブログ×動画

 

こんにちは!

今日はどんなビジネスにも必要不可欠な「情報発信」について話していきますね。

情報発信は、ビジネス初心者が実績が無くても始めるべきだと僕は思っています。

 

というのも、企業でも個人ビジネスでも、この情報発信無しては絶対に売上が上がらないからです。

自分の持っている情報(価値)を、情報を持っていない他人に知ってもらえることで、その対価としてお金をもらえるんですね。

 

例えば、砂漠の真ん中で、あなたが喉はカラカラで死にそうだとします。そこへ、ペットボトルの水を持った僕が、「これ100円で売りますよ!」と言ったら、即買いしますよね(笑)

水を持っている僕(供給側)と、水が欲しいあなた(需要側)のニーズが一致したから100円という価値が移動しているという簡単な例です。

 

この例は水というモノですが、これが情報でも同じことが言えます。

情報発信というのは、こういった自分の持っている情報を、欲しがっている人に与えて、その対価としてお金がもらえる仕組みなんですね。

 

今は文字よりも動画で検索する時代

 

そもそも、人が何か情報を得ようとして検索する場合、今はほとんどネットを使うと思います。

昔は本や雑誌、新聞などの文字がメインでしたが、スマホやタブレットの普及、インターネット環境の整備などが整って、現在はほとんどの人がインターネットで検索しますよね。

僕もGoogle先生にはいつもお世話になっています。

 

しかもその検索は「文字よりも動画」にシフトしていますよね。

例えば、料理本を読むよりも、料理の動画を見た方が、どのタイミングでこの調味料を入れるとか、どれだけ煮詰まったら次の食材を入れるかという情報が、動画の方が確実に分かりますよね。

マフラーの巻き方なんて文字で見てもさっぱり分かりません。YouTubeでマフラーの巻き方を見た方が一瞬で分かりますよね。

他にも、英語の教科書をじっくり読むよりも、ネイティブのアメリカ人が話している動画を見た方が、発音やアクセントの位置も明確にわかるはずです。

 

というように、情報の伝わりやすさは、「文字から動画」へシフトしているわけです。

 

どんな企業も情報発信せずに商品は売れない

 

例えば、メーカーが新しくシャンプーを開発しても、何の宣伝もなしにスーパーの棚に置いておいても売れません。

お客さんに認知されていないからですね。

だからメーカーは、タレントを用いてCMを打ち、街中に広告を設置したり、チラシやポスターなどを使って新しいシャンプーの存在をアピールしています。

その中で商品の良さを伝えたり、従来の商品との違いを説明したり、タレントのイメージを利用してシャンプーの付加価値を上げたりしていますよね。

これが企業やメーカーが行う情報発信です。

 

商品を作った後は、その商品の価値をお客さんに知ってもらい、店頭で買ってもらうために、この情報発信という所には莫大なお金をかけています。

だって、どんなに良い商品でも、その価値が伝わらなければ売れませんからね。

 

となると、僕のように個人でビジネスを展開している人にとって、自分の商品やサービスを持ったら、次にやることはこの情報発信なわけです。

企業と同じようにしていかなければなりません。

 

でも、企業のように莫大な広告費なんてありませんよね?

だからこそ使えるのが、ブログ(文字)やYouTube(動画)なんですね。

もちろん無料で使えるので、これをやらない手はないわけですね。

 

動画の最大メリット=資産になりレバレッジが効く

 

資産?レバレッジ?と思いますよね。

分かりやすく説明しますね。

 

先日、こんなことがありました。

僕のビジネスパートナーから「電子書籍の作り方を教えて欲しい」という依頼が来ました。

僕は「今ちょっと用事があるから、後で動画に撮ってメールで送るわ。」と返信。

で、手の空いた時間にチョチョっと5分くらいで電子書籍の作り方を動画に撮り、彼のメールボックスにポンっと入れておきました。

数時間後、彼から「ありがとう。分かりやすかった!この通りにやってみるわ。」と返信がありました。

 

これが資産化とレバレッジが効いているってことなんですよ。

資産というのは→溜まって行くもの・お金を産むもの

レバレッジというのは→テコの原理。少ない労力で最大の効果を生み出すもの

 

もしこの時に、彼と僕が会って電子書籍の作り方を教えるとしたら、彼が作成に入れるのは今日の今日は無理だったでしょう。

二人の予定を合わせて待ち合わせし、交通費をかけて行くことを考えると、数週間先になったでしょうね。でも彼はその動画を見て、数時間後には作り始められたんです。

そして、二人の予定を合わせる必要もなく、僕は空いた時間で動画を撮って送り、彼も暇な時に動画を見て学ぶことが出来る。

そのほかの時間はお互い自分の用事に充てられる。

二人の時間の使い方がめちゃくちゃ効率的なんですよね。

 

そして一度見て分からなくても、その動画を何度も見返すことで、彼は確実に電子書籍を作れるようになります。

毎回毎回分からないたびに僕が会って教えていては効率が悪いんですよね。

 

もっと言うと、今後、他にも電子書籍の作り方が知りたいという人が現れたら、僕はこの動画をポンっとまた送るだけ。

たった最初に動画を撮った5分の労力だけで、何人もの人に同じ価値を与えられるんですよね。

 

だから、この一本の動画自体が資産であり、それがレバレッジが効いているということです。

 

好きな歌手の歌で感動したかったらやっぱりライブ行くでしょ?

 

例えば、あなたに好きな歌手がいて、次のうちどれが一番感動するでしょう。

①歌詞カードを読む

②CDを聴く

③DVDを見る

④ライブに行く

 

はい。当たり前に<④ライブに行く>ですよね。

歌詞カードよりも、歌詞に乗せて歌っているCD、CDよりも実際に歌手が動いて歌っているDVD、もっといえばライブ会場に行くのが一番感動しますよね。

ライブ会場も、1万人規模のでっかい会場の後ろで見るよりも、カラオケボックスで一対一で歌ってもらった方が感動は数百倍に上がりますよね!

 

 

じゃあ、自分が持っている情報を提供(販売)しようと思ったらどれが一番良いでしょう?

①ブログやメルマガ(歌詞カード)

②情報の内容を話した音声(CD)

③情報について話した動画(DVD)

④一対一の対面(ライブ)

 

はい。当たり前に<④対面>ですよね。実際に顔を合わせて営業したり、セールスした方が成約率は圧倒的に良くなります。

でも一対一はレバレッジが効かないんです。

100人に会って営業するのは大変です。毎回同じ話を100回もしなければいけない…

気力も体力も時間も無駄遣いしますよね。

 

だからこそ、冒頭で言った、「動画」なんです。

話す内容を一度動画に撮り、それを100人に送ってしまえば、一度の労力で100個分の価値を提供できることになります。

もちろん、成約率は対面には劣りますが、その点は、動画を見て反応があった方や質問がある方には個別で対応するなどのやり方で、だいぶスマートにはなります。

 

ブログと動画を掛け合わせることで最強になる

 

もうひとつ、お客さんに伝わりやすい方法があります。

僕が常々やっているのは、ブログと動画、動画と記事を掛け合わせるというもの。

例えば、メインで伝えたい内容はブログで書いて、その下にブログの内容の補足動画を入れておく。

もしくは、動画講義をメインにして、その補足で記事を書き足す。

 

ブログの記事だけ、とか、動画だけ、にはしないようにしています。

通勤電車やWi-fi環境などで動画が見られない人もいるでしょうから記事は必要です。でも、文字だけでは伝わりにくことを動画で補足することで、より一層伝えたい内容が理解してもらえるようになります。

またその逆も然りですね。

大事なのは商品の良さではない。売っている人が大切

 

人が商品を買う時って、もちろん商品の価値が重要なのは当たり前ですが、それを販売している人がどんな人かによるところも多いです。

顔なじみの服屋の店員さんが、自分の好みを知っててオススメしてくれているものって、やっぱり信頼関係があるので書いやすいですよね。

不動産屋さんでも、沢山の物件を回って親身に対応してくれた営業マンには、もし断るとしても、「今回は条件にあう物件が無くてお断りしますが、対応して下さって本当にありがとうございます!」

って一言添えたくなりますよね。

 

そう、人は人からモノを買うんです。

 

これは普段の仕事でも個人のビジネスでも同じこと。

 

パソコンの画面の前には人がいます。ネットビジネスと言えど、発信者もお客さんも人対人。

やっぱり発信している人の人柄を知り、お客さんとの信頼関係を作ることが必要です。

発信者の想いが伝わらなければ、お客さんは「この人の情報を買いたい!」とはなりません。

 

なので、対面で営業するのは必要ですが、それプラス、動画を使いましょう。

動画の中で、自分の想いや熱意、本心を話すことで、それがお客さんに伝わります。

人柄を理解してもらえば、遠く離れた場所の人へも、自分の想いは伝えることができます。

 

動画が自分の分身と思って、どんどん自分を増やしましょう!

 

今回の内容を動画でも補足説明していますので、こちらもご覧下さいね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です