ナンパから学ぶ仕事術

【ナンパできる人は超一流の仕事人!?】

 

最近何気にナンパノウハウなんてものを見つけて見ていたんですが、これが凄い!

 

だいたい女の子が、見ず知らずの男に出会って数分で
笑顔で話して連絡先交換やカフェに行く事を許すなんて相当なテクニックですよね。

すぐに緊張を取り、笑いに変え、ちょっとの信頼感と安心感を与えるなんて真似できません!

 

「こんにちは…ちょっと良いですか?…」なんて声掛けても普通はナンパと思った時点でガン無視で終わりますよね(笑)

ナンパにもノウハウがあって、アプローチも様々です。

例えば、

 

・イヤホンをしている子に、「お姉さん、何真剣に競馬中継聞いてるの?w」

・通り過ぎざまに「あれ?これ落としたよ!」と嘘でもじゃがりこを返そうとする

・薄着の子に「寒くない?もしかして追い剥ぎにあったの?(笑)」

・重たい荷物を持った子に「重そうだね、応援しよっか?あ、手伝うって言うと思ったでしょw」

良し悪しは別として、女の子がクスッと笑ってしまったり、反応取りやすいきっかけ作りをするらしいです。

アプローチの仕方を工夫したり、相手の反応を見てコミュニケーションの取り方を次々と変化させるのはかなりのスキルだと思います。

 

これを見ず知らずの人に出来るのなら、ナンパ師はかなりの仕事出来る人間だと思います。

(ちなみに僕が調べていた方も保険営業のトップ営業マンでした)

そのまんまは無理だとしても、これも普段の仕事上のコミュニケーション手段として有効なんじゃないかなと思います。

 

 

例えばあなたが営業職で、難攻不落の得意先がいたとして、何とか相手との距離を詰めたいと考えます。
 

さすがにあんなフランクはNGですが、いつもと違うアプローチをするだけで相手の反応は変わります。
・すぐに商談に入らず趣味を聞いてみる

・家族の話を聞いてみる

・休みの日の過ごし方を聞いてみる

・自分の身の上話をしてみる

次に相手のタイプを見極める

・俺様タイプなら→意見を聞く、伺いを立てる

・真面目タイプなら→一緒に取り組む意気込みを出す

・あまり意見がないタイプなら→ハッキリこちらの提案をする

・やる気ないタイプ→私に任せてください!と断言する

 

アプローチを変え、相手のタイプを判断して、こちらの出方を変える。

 

要するに、相手を変えようとするのではなく、自分が変わるというのが大切です。

 

別に僕もナンパをしたくて調べたわけじゃないですが、かなり影響受けました(笑)

早速明日からの商談で活かしてみようかな!

 

 

…ナンパ商材、ちょっと欲しいかも(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です