錦織V.S.フェデラー戦 ブックメーカー賭ける項目は決まっている

 

ATPツアーファイナルの試合日程が発表されましたねー。

 

錦織の初戦はフェデラーかよ…。錦織の負けが濃いじゃねーかと思いましたよね。

でもブックメーカーをやる上ではとっておきのカードだと思います。なぜなら、ブックメーカー投資で勝率を上げるには、好きな選手に肩入れしないのはもちろんのことですが、試合前のデータ分析が大切なんです。

この観点から考えると、錦織対フェデラーはブックメーカーとしては取り組みやすいカードなんですね。

今回は、この大会をブックメーカーで楽しむことをメインに、まずは日本人として大注目の、錦織対フェデラーの試合を使って、大会開始前の今の段階で、どういう風に試合を精査してどの項目に賭けるべきかを解説します。

 

ランキング格差や過去の対戦成績を調べる

 

ATPツアーファイナルという大会の特性上、今回に限ってはランキング格差というのはありません。年間のシングルランキングでトップ8までが出場できる大会なので、1位と8位ではそれほど格差があるとは言えません。

4大大会や、年間のよくあるツアーであれば1位対100位の試合もありますね。このような場合は、ランキング格差があるので、流石に1位の選手がほぼ勝つでしょう。よっぽどの怪我や不調、試合中のアクシデントさえなければ。

こういう試合ではランキング上位選手が勝つと予想し、「マッチウィナー」に賭けるのが良いでしょう。

 

でも、今回はそんな簡単ではありません。錦織だって世界のトップ10の選手。必ずしもフェデラーに勝てないわけではありません。なので、試合開始当初から「マッチウィナー」に賭けるのはギャンブルになるでしょう。

ここで必要なデータのひとつとして、過去の対戦成績があります。

テニスエクスプローラーからのデータです。

錦織は過去にフェデラーと戦って、2勝7敗。2014年以降はフェデラーに勝ってないんですね。

でも、スコアを見ると、最近の試合はストレート負けはしているがゲームカウント6-4などの接戦が多い。完敗ではないわけです。おそらくワンブレイクで勝負が決まっている様子。

なので、「マッチウィナー」に賭けるのであれば、試合開始から第一セットが終わった頃、ランキング通りにフェデラーが第一セットを取ったあたりでbetするのが良いでしょう。

 

でも、僕だったら、この状況でも「マッチウィナー」には賭けません。

なぜなら、おそらく第一セットをフェデラーが選手すれば、オッズが物凄く下がるからです。リターンがないわけですよ。

こういう試合の時は、別の項目に賭けるのが得策です。

 

その話に入る前に、ちょっと大切なことを。

※ここで、なぜランキングや過去の対戦成績が大切なのかを解説しますね。

 

テニスは個人競技。ランキングが全て物語る。

 

テニスは選手個人に世界ランキングという順位がつけられます。この順位は年間の試合で貯めたポイントで加算され、ポイントの多い選手が明確に分かるんですよね。

要するに、ランキングが高い選手の方が間違いなく強いんです。

 

これがチームプレーだったら話は別です。

例えばサッカー。いくら国際FIFAランキングが高いチームでも、ランキングの低いチームに負けることもありますよね。例えば今年のワールドカップの日本対コロンビア。ベルギー戦も勝つのでは?というところまで行きましたよね。

これって、個人ではなく「チームとして」ランキングがついてるわけです。サッカーは11人で行うものなので、メッシみたいなスーパースター(おそらく個人ランキングなるものがあれば1位でしょう)がいたとしても、メッシ一人で試合を作ることは出来ません。

戦術だったり、チームワークだったり、11人全てのチーム力がランキングに表れていますよね。

だから、その日のチーム力が高い方が勝つこともあるわけで、サッカーはランキング通りに試合が決まらないことが多いです。

 

でもテニスは選手個人にランキングがついている。

1位と100位であれば、絶対に1位の選手が強いんです!

100位の選手が1位の選手に勝つなんて、運が良くて10回戦って1回あれば良い方でしょう。

 

なので、まずは自分が知らない選手同士の戦いでブックメーカーをやる時は、必ずシングルランキングは確認する必要があります。

 

強い選手の方でbetする項目を決める

 

もうひとつ大切なのが、「強い選手に対して賭ける」ということ。

マッチウィナーにしても、セットウィナーにしても、ゲームウィナーにしても、ランキング通りに上位の選手が順調に試合を運んでいる時に賭けることが大切です。

もちろんオッズはそこまで高くないですが、その方が勝率は高くなります。

奇をてらうのではなく、あくまでセオリー通りに試合が進むことを前提に見ていかなくてはいけません。

 

逆に弱い選手がたまたまその日調子が良くて、ランキング上位選手に勝ちそうになると、オッズは物凄く上がります。その分リターンも大きくなるわけですが、こんな試合はほぼありませんし、ランキング上位の選手が、相手選手を腕試しで見ている場合もあるわけです。

その後にコテンパンにやっつけられるなんてこともあります(笑)

オッズに飛びついて弱い選手に賭けるのは、ギャンブルと言えるので絶対にやめましょう。

 

錦織V.S.フェデラー戦 bet項目はどれ?

 

今回のフェデラー戦、僕ならここに賭けるという項目を何個か書きますね。

試合開始前にオーバー6.5かオーバー7.5にbet

Total Games in Setの項目の、Over6.5か、7.5です。

下の画像の項目でいうとオッズ1.020と1.11の所ですね。

この項目は、セットの中のゲームカウントが6.5以上、もしくは7.5以上で取れるということです。

(テニスの細かいルールに関しては省きますね)

すなわち、それぞれのセットのゲームカウントが6-0以外(両者1ゲームずつとれば)であればオーバー6.5が取れるし、ゲームカウントが6-2(両者2ゲームずつ取れば)でオーバー7.5が取れるということ。

 

根拠としては、錦織とフェデラーの対戦内容です。

記事の最初の画像の通り、錦織はフェデラーに負け越してはいますが、セットカウント6-0というストレート負けは一度もありません。

フェデラーに対して1ゲームも取れなかったということは過去にないわけです。

そうなれば、今度の試合も、順調にいけばフェデラーが勝つでしょうけど、1ゲームは取れるはず。

錦織が1ゲームでも取ればオーバー6.5は獲得できるし、2ゲーム取ってくれればオーバー7.5は獲得できます。

 

試合が始まってからだとオッズが下がってしまうので、今回は試合開始直後にオーバー7.5で高オッズを狙うつもりです。

 

フェデラーがブレイクしたらセットウィナーにbet

To Winの中のSet 2という項目です。

これは第二セットをどちらが取るかに賭ける項目。下の画像で言えばオッズ1.12の所ですね。

実際に試合が始まって、フェデラーが錦織に対してブレイクした瞬間にbetです。

フェデラーや錦織クラスになると、ブレイクはほぼありません。自分のサービスゲームは必ずキープしてくるし、タイブレークに持ち込むことも少なくありません。

おそらく、ワンブレイクでもすれば、かなりの確率でそのセットを取るでしょう。錦織ではなく、ランキング通りにフェデラーが錦織に対してブレイクした時がbetタイミングです。

フェデラーのマッチウィナーにbet

To Winの中のMatchです。

これは、試合全体の話。結局どっちが勝つかという項目です。

betタイミングとしては、順調に第一セットをフェデラーが先取して、第二セットも2ゲーム位を先取した時ですね。

ランキング通りにフェデラーが勝つと予想し、そのまま順調に試合が進んだ場合です。

ただ、実際にやってみないと、そのタイミングでオッズがどれくらい残っているか分からないので、せめて1.040位オッズがあればbetしても良いでしょう。

 

フェデラーのゲームウィナーにbet

(Svr)1.16という項目です。

これは各ゲームの勝者に賭ける項目。

サーブ権の時にそのゲームをサーバーが取れるかという内容です。これに関しては、当日の試合の実況中継を見ながらbet出来るか精査が必要ですね。

フェデラーのサーブ権の時に順調にキープをすればかなりの高オッズを獲得できるんですが、当日のサービスの調子や錦織のリターンの様子を見なければいけないので、今の段階では判断出来ません。

 

何ゲームか見て、フェデラーの調子が良いと判断し、ファーストサーブの確率も85%位あればbetしても良いでしょう。

 

betする時は必ずライブ中継を見ながら

 

実際にデータ通りに行くことが多いですが、なにせ人間がやっているスポーツ。いくらランキングが高い選手が勝つと言っても100%はありえないわけです。

やはり、試合が実際に始まってからの選手同士の動きを見ながら、試合開始前の自分の予想と同じように試合展開が進んでいる時はbetチャンスです。

人間なんで、試合中にイライラして調子を崩したり、急に怪我をしたり、当日までの体調が悪かったりしてアクシデントもあります。

 

ブックメーカーはライブベットと言って、実際の試合中継を見ながらbetすることができます。

テニスでは、このライブ中継から、選手の調子や試合運びを自分の目で確認しながら、しっかりとした根拠を持って賭けていかなくては勝率は上がりません。

 

根拠がないbetは単なるギャンブル。それは投資ではありません。

投資というのは、一定のルールやデータなどの数字による根拠があって、期待値を持って賭けるものです。

遊びでブックメーカーをやる分には構いませんが、「投資」として行うなら、今回の内容のような、大会が始まる前からの試合精査をしっかりと行うことが必要です。

 

そういう意味でも、今回の錦織対フェデラーの試合は、試合精査するのに非常に分かりやすく、賭ける項目も事前に決めておけるので、ブックメーカー初心者にとってもやりやすい試合だと思います。

 

個人的には錦織に勝ってもらいたいですけどねー。

 

錦織を応援しますが、betする時は心を鬼にしてフェデラーへ…。

 

とにかく、楽しんでブックメーカーやりましょう!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です