純粋なバカになればいい

【純粋なバカでも出来ること】
 

イチローは色んなインタビューでも話していますが、自分は天才じゃなくて努力の人と自負しています。

素晴らしい結果を残し続けているイチロー選手ですが、その裏には膨大な量の努力が隠れています。

イチロー選手は幼少期に365日中360日バッティングセンターに通い続けていたそうです。

1日200球をほぼ毎日、7年間欠かさずにです。

さらに、バッティングセンターを使うにはそれ相当のお金もかかります。

20球で200円が相場として、1日200球なので2,000円。

360日で72万円、7年間なら500万円を超えます。
この時点で、イチローの基準値とその周りで野球が上手くなりたと思っている人の基準値が違います。

 

練習量でも自己投資においても、常人よりも高い基準をもってプロ野球選手という目標を追いかけているのです。

自己投資にかけるお金も時間も、人並み外れたものがあるからあれだけの成功者になったんですよね。
 

 

だとすると、自分がビジネスを行う上で著しい結果を出そうと思えば、イチロー並の毎日の努力をすれば、必ず結果が出せると思いますよね。

イチローの毎日の練習を続けられること自体、僕は天才じゃないかと思いますが、決して天才じゃなくて、ただの凡人の僕が出来るのは、

『純粋なバカになって毎日やり続ける』

これに尽きると思います。

純粋なバカというのは、成功者がこれをやればうまく行くと教えてくれたものを、素直に受け取って実行するということ。

野球のプロであるイチローにバッティングを習うとして、言われた通りに素直に練習していれば絶対に上達するはずです。
ビジネスにもプロがいます。言われた通りやるだけですし、ビジネスでは真似も出来るんですよね。

自己流は事故流とも言われます。
  

素直にバカになって、幼少期のイチローほどストイックにならなくても、ビジネスは本の数ヶ月本気でやれば、それ相当の結果はついてきます。

さあ、シンプルに真似しちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です