真似ることが一番の上達法!

【真似ることの大切さ】

 

会社の仕事や始めたばかりのスポーツ、ピアノなどの音楽など、初心者の時は、みんなどうやって上達していくんでしょう。

おそらく最初のうちは、先輩や指導者に教えてもらいますよね。

まずはある程度基礎を叩き込まれたら、だんだん自分で工夫して上達していく人がほとんどだと思います。

 

特に会社なら、新入社員当時は先輩が同行してくれたり、困った時は連絡をくれたり、こちらから聞けば的確にアドバイスをくれます。

しかも営業ならノルマがあったり、会社からのプレッシャーなどもあり、否応なしにやらせされる状況にあります。

その『やらなくてはどうしようもない状況』になると、

人は強制的に脳が努力することを決めるので、経験を積んでいくことで次第に仕事も上達していきます。

 

でも、とかく自分のビジネスとなると、一人で家にこもりながら作業を繰り返す人が多いです。

今やっている作業が、本当に成功への道なのか分からずに、毎日黙々と頑張っているだけの人は勿体無いですよね。

 

だからこそ、

『うまく行っている人を真似る』

これが必要です。

 

いくら沢山セミナーに行っても、いい話を聞いても、実際に今取り組んでいる作業が将来の成功に向けて合っているのか、受身なだけでは気付きません。

 

実績を出している人をよく見て、話している内容や記事の内容、やっている作業などをまずは真似ることから始めてもいいんですよね。

 

実績を作った人も、これまで失敗を繰り返して今があるわけなんで、僕たちがその方法を真似ることで同じ失敗を回避し、近道を通ることができます。

『真似る=学ぶ』

とも言います。

真似することを恥じと思わず、真似るなら徹底的に、

話し方や癖、立ち振る舞いまで完コピできるくらいが必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です