自分の人生設計考えたことある?

【会社の先輩の話から考えた自分のファイナンシャルプラン】

今日は先輩(60歳女性)と同行でした。

 

お昼を食べながら色々な話をしていたんですが、先輩の父親が90歳を超えて、施設に入れることを検討しているそうです。

夫婦共働きなのでなかなか世話も出来ず、父親の健康も気になるのでその方向で話を進めているそうですが、施設代として、月に8万円ほどかかるらしいんです。

そんな現状に「私もエルダー社員になってからはボーナスは激減やで。あと5年で退職したらどこかで働かなあかんわー。」

お子さんも2人おり、1人はまだ大学生なので、学費のために働いているとも言ってました。

「退職後はもう少し悠々自適に過ごすつもりやったんやけどなぁ。」としみじみ話す姿を見て、ふと自分のことを考えました。

 

・サラリーマンの生涯収入が2億と言われる中、40年働くと考えて単純に割ると平均年収は500万。この中で貯金や出費のやりくりをする
  
・仮に65歳で退職して85歳まで生きると考えたら20年は収入無し。(年金はあてにせず)
 
・退職した高齢者が過不足なく暮らせる月平均必要額が30万円
  
・30万円×12ヶ月×20年=7,200万!! 
 
 
7,200万かぁ・・・

仮に、老後に夫婦で旅行に行ったり、孫に何か買ったり交遊費や病院代も考えて単純計算しても、退職後は1億近いお金が必要なんですよね・・・

 

現状のサラリーマンの給料を考えても、1億近い金額を今から貯金するのは難しいですよね。

確かに街中を見ても高齢者の働いている姿は沢山見ます。

暑さ寒さ関係無しに外で交通整理をしている男性や、店内の清掃員のおばちゃん。

だいたい人がやりたくない仕事を頑張って取り組んでいます。

 

働きたいから、社会と繋がっていたいからという気持ちもあるでしょうが、やっぱり、働かなきゃ生活が苦しいからという人が多いんじゃないでしょうか。

僕も現状を考えればその道に行くでしょう。

でもその現状から見える将来を知っていながら、今何もしないということは考えられません。

 

頑張ってコツコツ貯金するのも確かに悪くはないです。

それよりも、今すぐプラスαの収入源を持つこと、自分で稼ぐこと、稼げる仕組み作りをすることは絶対に必要です。

『7ポケット。7つの収入源を持ちましょう』
 

とはよく言われますね。

 

ひとつひとつの収入は少なくても、例えひとつ1万でも7つあれば7万円のプラスです。

今の時代、確かな情報を掴めば、これを実現することは難しくないです。

僕自身もまだ4つの収入源しかありません。まだまだ増やして行く必要があります。

尊敬している先輩ですが、将来自分が同じことを言わないように、今できることに全力で取り組もうと改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です