固定概念をぶっこわせ!

【キリン アサヒ サッポロといえば?】
 

※答えはビールじゃなかったとしたら?

上の質問なら、ほとんどの人が「ビール」と回答すると思います。

でも、麒麟(動物)・朝日(太陽)・札幌(北海道)って思う人も多少はいると思うんです。

 

他にも、いかりや○○・加藤○・高木○○・中本○○ と来たら
「ドリフターズ」ですよね。ちょっと古いかw

 

 

 

でもこれが、書かれている様式や順番が逆なだけで、捉え方はまるで変わります。
↓↓

『札幌・麒麟・朝日』
・・・北海道旅行で旭山動物園に行って麒麟でも見て、翌朝広い大地を眺めながら朝日が昇るのを見たのかな?

『タカギ・カトウ・ナカモト・イカリヤ』

・・・イカリヤが来た瞬間にバレそうですが(笑)
でもそこまでなら、単純に人の名字の羅列ですよね。

 

結局、何が言いたいかというと、

 

 

人って『固定概念』に強く縛られているんですよね。

 

人はこれまでの人生の経験で実際に目にしたものや体験したものから作られる、自分自身の常識というもので何事も判断します。

なので、新しい情報が入って来た時に、その情報が過去の自分が一度も見聞きしたこと無いものに関しては、脳が勝手に固定概念を作って好きなように判断してしまうんですよね。

もしくは、拒絶したり、なんとなく遠ざけたり批判したりします。

 

例えば、友達が急に脱サラしてこれから数年間修行してラーメン屋を始めると言い出す。

もちろん、「そうかそうか、頑張れよ!開店したら絶対食べに行くからな!」

と応援する人もいるでしょうが、

 

大半の人は「脱サラなんてして大丈夫なん?軌道に乗るまで家族はどう養うの?今の時代ラーメン屋なんて競合が多いから、今更修行して開業するなんてリスク高すぎない?」

って心配しますよね。

でもその意見した人って、脱サラしてラーメン屋を開いたこと無いですよね?
修行期間がどれくらい必要かとか、開店資金がいくらかかるかとか、店の立地はどんな条件が良いかや競合店の下調べ、お店のコンセプト設定の仕方は知らないはず。集客の仕方から従業員の探し方まで、一切やったこと無いはずです。

経験してなくて全く知らないけど、『なんとなく危なそうだから。うまくいきそういにないから。』

そんな固定概念でせっかくやる気のある人の足を引っ張ってしまいます。

 

 

やったことのない人の意見を聞いて不安になるんであれば、僕は他人に意見を求める必要はないと思いますし、それなら、実際にやっている人に聞けばいいと思います。

 

だから、自分の目で直接確かめるってことが必要なんです!

 

・ネットビジネスって怪しい。どうせ稼げないんだろう

・ビジネスセミナーって宗教の集まりっぽい

・ブックメーカーってギャンブルじゃないの?

・メルカリ転売って法律違反じゃないの?

・ネットワークビジネスって上が儲かるネズミ講でしょ?

これら全てよく言われますね。

 

しかも、いつもの固定概念で自然と拒否感があるのにプラスして、情報の信ぴょう性を確かめるのに使うのはインターネットの書き込み。

これじゃぁ正確な情報は得られませんよね。

※ちなみに僕は上記の質問は全て正確に答えられます。

 

実際にその道のプロに話を聞けば、一瞬で固定概念は覆され、目から鱗の情報を手にすることができるのに、勝手に判断してしまうのは本当にもったいないと思います。

僕も過去にはネットで情報を調べたり、なんとなく不安になって飛び出す勇気を持てなかった人間です。

でも、『自分の目で確かめる』という行動をとった時から変わりました。

 

 

自分がやろうとしたことは、全てその道のプロ(生計を立てられるレベルの人)に会いに行き、確かな情報をもらいました。
 
  
 
その中で自分が何を選択するかは自由なので、まずは飛び込んでみて、確かめることをお勧めします。
 

 

僕のLINE@では、こういった質問にも『僕自身が実際に取り組んだ生の声』で返答しています。

自分がこれからやろうとしているビジネスが不安な方や正確な情報を知りたい方は、気軽にお友達追加して聞いてくださいね。

P.S.下の写真も2通りに見えますよね。片方に支配されないようにw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です