会社の飲み会なんて断るべし

僕は嫌いですね、会社の飲み会。

皆さんはどうですか?

サラリーマンなら避けられないと思うんですけど、
営業回りを終えて帰社したら上司がいてたまたま誘われたとか、年に数回必ず会社の忘年会や新年会もあります。
暑気払いや何かの事業が上手く行っての慰労会。誰かの歓迎会や送別会。

他にも社内行事でバーベキューやボーリングもあると思います。

なぜ嫌いかって、結局仕事の話になるじゃないですか。

上司の話を部下が聞く形になったり、
先輩に昔の武勇伝を語られ、「俺があの苦しい時代に出来たんだから、お前らの世代はもっとやらなあかん。」

みたいな精神論を語られることもある。

あ、僕は飲み会自体は嫌いじゃないです。

人と会うのは好きですし、人が沢山集まっているところに出向いていくのも好きです。

話を聞くのも楽しみです。

むしろ興味深々で行きますね。

ただ、重要視しているのは、

『仕事という鎧を取った時に、その人がどんな人か』

ということです。

職場での同僚や上司、先輩の姿は毎日見ています。

だから仕事ぶりも分かります。でもそれって、その人の一面でしかないんですよね。

せっかくの飲み会の場であれば、仕事人としての話より、その人の家庭での話だったり、趣味の話、目指している夢やどんな将来になりたいかといった、人間性や考え方を聞きたいんですよね。
 

本当は隠し持っている、その人の違う一面性を知ることで、人としての興味や信頼、尊敬って増すと思います。

僕ははっきり言って、仕事はできても人間的な魅力を感じない人には尊敬の思いを持てません。

3年前に入社した先輩のことを、今の段階では「凄いなぁ。やっぱり仕事できるな。俺は将来あそこまで出来るかな?」なんて心配しなくても、

あなたも3年勤めればその先輩と同じように働けていると思います。

先輩にあって、あなたに無いものは経験だけなんで。

 

3年前、5年前、10年前に入社した先輩の姿をよく見てください。 
 
 
 
・充実してそうですか?
 
・幸せそうですか?
 
・収入も充分あって良いライフスタイル送っていますか?
 
・精神的に余裕ありそうですか?
 
・家族とうまく行ってますか?
 
 

もし、そうじゃなかったら危険です!!

だって、あなたの将来はその先輩と同じ道を歩んでますから。 
 

今いる職場の人をよく見れば、自分の将来を先読みできますよね。

今の仕事を続けた先に、あなたの目指している自分になれると思うなら良いです。
 
 
そうじゃないと思うのなら、そのレールに乗ったままでいいですか?
 
 
 
それがわかった上で、なぜ何も始めないんですか?
 

僕は会社の飲み会は断ります。

さっさと家に帰って、その数時間で色々なインプットをした方が効率的です。

毎日の積み重ねが将来の自分を作るのなら、無駄だと思う時間は徹底的に削除して自分に投資しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です