80:20の法則から考える将来の危険性

【80:20の法則から考える、将来の危険性】

 

これ、実はとても危険なんです!!!

 

この80:20の法則。パレートの法則とも言いますが、

仕事でよく聞くワードなので知っている方も多いと思います。

 

 

・会社の売り上げの8割は2割の主力商品から成っている

・営業マンの売り上げの8割は2割の顧客から作られている

・1日の行動時間の8割は自分の知り合いの中の2割と一緒に過ごしている

・コカコーラの成分の2割が濃縮成分で、8割は水だ
(これは冗談ですが…w)

 

結構当てはまりますよね?
実際僕もメーカーで営業してますが、やはり重要顧客というのがいて、その数社で年間売り上げの8割の構成比があります。

となると、もしその重要顧客とトラブルがあったり、万が一顧客が倒産したり、どうしようもない状況になった時に僕は売り上げのほとんどを失います。

もちろん会社は「どこかで埋め合わせしてこい!」と言いますが、
そんな簡単にはいきません。

それでも会社なので、周りがフォローしてくれたり、上司が手伝ってくれたりして、何とかカバーはできるはずです。

 

 

「でも、これが自分の収入の話だったら超危険じゃないですか??」

今、あなたは1つの会社からの給料だけで生活しています。

 

もし勤めているその会社が倒産したり、経営不振でボーナスがカットになったり、あるいはあなたが病気で今まで通りに働けなくなったりする可能性もゼロではないですよね。
関連会社なら親会社の影響も受けますし、中小企業なら世の中の好不況の影響も受けます。

万が一そんな状況になったら、限られた収入の枠の中で生活を切り盛りしていかなくては行けません。

家賃や車のローン、子供の養育費や食費、保険料や携帯の支払い、電気ガス水道の支払いはあなたの状況に応じて変わってくれません。

 

そんな中切り詰めた生活を続けられますか?

 

 

あなたの収入の100%は1つの会社から出来ている。
↑これを変えないといけません。

 

僕はもしそういうことがあったとしたら、切り詰める生活で我慢するのではなくて、収入の枠を増やしたらいいと思うんですよね。あくまでも今の会社の収入だけに頼らずに。

1つの収入源に頼るのは、80:20の法則ではなくて、100:0の法則になちゃいますよ・・・

そうならないために、今の仕事を続けながら、それにプラスして収入を得られる仕組みを持つことが絶対に必要です!

 

「じゃあ何をすればいいの?」

 

情報は沢山あるじゃないですか。

例えばメルカリで自宅の不用品を売ってみるのも立派なビジネスです。
それがうまく行けば、実際に売れそうな商品をリサーチして仕入れ、出品する転売もあります。

物販と言われる、せどりやヤフオク転売などがそうですね。

今はeBayといって個人が海外のユーザーに対して販売できるチャンネルもあります。

僕みたいに会社員でなかなか時間が作れない人には「投資」があります。

株、FX、不動産、債券、投資信託 etc…

 

 

ちなみに僕は上記のような専門知識がないので「ブックメーカー」を投資として扱っています。

今日はブックメーカーの内容については触れませんが、とにかく収入の柱(キャッシュポイント)を増やしていく必要があります。

 

先日、あのSoftBankも副業推奨する記事が出ていましたね。

働き方も多様化している今の時代、個人でお金を稼ぐ力があれば、会社から自分の身を守ることにもなります。

何も会社を今辞める必要はないので、どれでも新しいチャレンジをしてみませんか?

P.S. 何をやったらいいか分からない方はご連絡ください。
何か出来ることを一緒に考えましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です